2007年01月31日

ボジオ・セット解体。

ボジオネタで3日も引っ張って申し訳ない。
テリーの待つ2階へと向かった我々は
ステージに広がる珍しい景色に遭遇。
ドラムを解体し、
ケースに収納される前の姿。
こんな角度から見られるのも貴重な体験。
3つのバスドラの違いが
こうして見るとよくわかる。
榎本君にバスドラを増やすよう勧めたところ
車の事情で却下されました。

bozziodrums2
ローディーは連れてこなかったらしく
某有名ドラマーのローディーがスタッフとして同行した模様。
posted by horisawa at 01:27| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

OUT TRIO。

肝心な情報が抜けていた。
昨日見に行ったのは
テリー・ボジオ率いるアウト・トリオという名のトリオ。
私はまだ見ていないけど
すでにライブDVDが発表されている模様。

outtriodvd
Featuring:
Terry Bozzio (Drums)
Patrick O'Hearn (Bass)
Alex Machacek (Guitar)

残念ながら来日メンバーは
Patrick O'Hearnでななく
同時に2人のザッパ・ファミリーを見る事はできなかった。
で、当日の生写真にサインして貰っちゃいました。

outphoto
行きがかり上、
貰わない方が失礼な雰囲気になってしまったもので。

posted by horisawa at 01:34| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

生ボジオ。

ついに念願の生テリー・ボジオを体験。
前回の来日はギター・ショップのツアー。
当時それほどジェフ・ベックに興味のなかった私は
有明のライブを見逃していた。
今回はそれ以来の来日。
まさかこんなに待たされるとは。
榎本君からの情報がなければ
今回も見逃すところだった。
あぶないあぶない。
と言う訳で
ついでにチケットを確保してもらった私は
榎本君、後藤さん、
更に今泉さん、そして生徒の小橋君とともに
E.G.Q.での出演以来となる六本木スイート・ベイジルへ。
98%、ドラムを見ていた。
恐らくピンク・フロイド以来の衝撃。
終演後、写真撮り放題のようなので
コレでも省略バージョンらしいセットを写してみた。
えらいことになってますねぇ。

bozziodrums
名残惜しそうな榎本君もようやく腰を上げ
出口に向かったところ
Tシャツお買い上げの方はサインして貰えるとの言葉に誘われ
ちょうど残り2枚を
歴代E.G.Q.ドラマーが相次いで購入。
特になんの権利もないまま
私と小橋君も同行。
なんだかんだしてるうちに
関係者の方にも助けられ
最終的にはこんな事に。

horibozzio
さすがの私も半笑い。
posted by horisawa at 03:45| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

遅刻気味のリハーサル。

渋滞の中、
リハに行ってまいりました。
例によって初回のリハは新ネタ中心。
と言うか新ネタのみ。
「こんな曲やってもらってすいませんねぇ」
みたいな曲が
メキメキかっこ良くなっていく。
少なくともキーボードに関しては
原曲より明らかにかっこいい。
いまいち完成図の見えなかった今回のザッパものも
意外とスンナリ仕上がった。
年末年始を挟んだせいで
やや選曲の決定が押し気味ではあったが
今回も派手に盛り上がりそうな予感。

custard
口の中がパサパサする。
posted by horisawa at 23:53| Comment(0) | AIRCASTLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

青い譜面。

すっかり回復したと思っていたプリンター。
明日のリハに向け、
物体化させていなかった最後の1曲をプリントアウト。
するとどうでしょう
黒から青へサンバースト。
サンバーストじゃないか。
なぜか途中から青くなっている。
う〜ん、まだなにか問題あるのか?
ま、とりあえず明日はコレでいいか。

blue
伝わりにくい画像。
逆順印刷により、向かって左側が青い。
今後、ずっと青かったらいやだなぁ。
posted by horisawa at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

やはり黒だけが減る。

久々に
さしあたって人前で披露する事も
レコーディングする予定もなく
ただ練習してみようという素材と出会い
書類の山の下から姿を現したプリンターでプリントアウト。
が、しかし、
忘れた頃にインク消滅。
そう言えば
このプリンターになって
インク換えてないような。
買って1年ちょっと経つのに。
これはプリンターが優秀なのか
ただインクがデカいのか
などと考えてみたが
プリントアウトの頻度が激減しているせいにちがいない。
メンバー分プリントアウトしていたライブの譜面は
PDFで送信するようになり
プリントアウトした楽譜を見ながら原稿を書く習慣も
iMac2台が定着してからは過去のものとなった。
黒インクが1年持つと言う事は
その他カラーの数色は
買い替えるまでなくならないのでは?

pixus
2ページ目はほぼ白紙。
インクの単価は少し高くなっていたような。
posted by horisawa at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

ブルーマウンテン。

グアテマラの期待はずれ感を払拭すべく
とりあえず粉モノで一番高いヤツを買ってみた。
これなら明らかに違いが分かるにちがいない。
が、しかし、
真空パックをあけたところで
さほど香りは広がらず
お湯を入れると泡立ちもイマイチ
飲んでみると
お上品ではあるが
とびきりウマいというわけでもない。
コレだというモノに出会うまで
色んな物にチャレンジしてみます。

keycoffee
真空パックが悪いのか?

posted by horisawa at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

ビフォー・アフター

デスクの上だけは
ごちゃごちゃさせたくなかったが
昨日の締め切りに向け
資料をできるだけ手元に置こうとする余り
最終的にはこんなことになってしまいました。
iTunesに入れたのに
ここまでCD積み上げなくても。

before
と言うわけで
本日の仕事は
病院とデスクまわりの整理整頓。
ようやく平常営業に戻った感じ。

after
無事プリンター救出。
プリントアウトした譜面で
AIRCASTLEの予習開始。
posted by horisawa at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

無事終了。

まだ残務はちょこちょこ残っているものの
ひとまず締め切りクリアしました。
音楽系以外の文筆業の方からみると
「その程度の文字量で」
とお思いでしょうが、
書いた楽譜をチェックしたり
しばし弾いてみたり
ちょっと弾き方変えてみたり
大小8項目の歴史を調べたりと
書くまでになにかと時間がかかる作業。
おかげで勉強になりました。
発売されたらまた話題にするかもしれません。
来月中旬あたりをお楽しみに。

count
iText Expressというフリーウェア使わせて頂きました。
posted by horisawa at 23:09| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

締め切り前夜。

大変盛り上がってまいりました。
年末から続いた一連の仕事が
ひとまず明日で締め切られる。
特集の解説を少々少なめの文字数に設定したため
絞り出すと言うよりは
言いたい事を凝縮する作業。
精神衛生上この方が好ましい。
まだ3,000字を残した段階で
ちょっと楽しくなってきたかも。
あんまりたっぷり書いてると
「そんなヒマあったら原稿を」
と、ひんしゅく買いそうなので
このへんで失礼します。
posted by horisawa at 18:07| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

シフトチェンジ。

予定通り
本編の楽譜を書き終えた。
明日からは解説に取りかかる。
ま、一連の作業ではあるが
使う脳の場所がちょっと違う。
今日まではある意味平和だったかも。
今年初めての開放感まであと3日。
もう少しの辛抱です。

unicafe
なんとなく見た目のインパクトで買ってみた。
味も香りも思ったより普通。
posted by horisawa at 20:23| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

火曜定休。

火曜に行く筈だった図書館。
どうせ車を出すなら
あそこにも寄ってみたいと思いついた店が
ちょうど定休日。
じゃあ水曜でいいか
と順延したところ
かんばしくない天気。
と言う訳で
ようやく今日行って来ました。
まずまずの収穫。
こんなものもあるなら
やっぱり火曜に行っとけば良かった。
さ、明日で譜面書き上げて
土日で4,000字だ。
今年は働くなぁ。

library
偶然ブログも火曜定休。
posted by horisawa at 20:18| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

ポケットスコア。

最近は
クラシックのスコアが
ネットに落ちているとの噂を聞きつけ
それははたして合法なのか?と思いつつ
タイトルと楽譜で検索。
色んな物が引っかかる中、
ちっちゃい中古のスコアを290円で発見。
時給に換算した場合、
このままネット上を彷徨うより
あきらかに買った方が効率的。
予想より3日遅れてポケットスコア到着。
え〜っ、小節線ここなの?

wagner
このお値段で解説付き。
しかし送料は本体価格を遥かにしのぐ340円。
posted by horisawa at 07:46| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

最終締め切りまであと1週間。

いよいよ本格的に特集記事に突入。
本日はG3でオリジナルのスコアを見ながら
アレンジした譜面をG5で書く。
プリントアウトすれば1台で済むんですけど。
紙資源を節約しているのか?
電力を無駄にしているのか?
とりあえず最も具体案のないところから着手。
うっ、全然予定のスペースに合わない。
切れのいいところが
少なすぎたり多すぎたり。
う〜ん、
例えばこの3連符を6連符と解釈して、
音符詰まり過ぎだから各3小節で調整すると、
おっ、ぴったり8段。
しかもうまいことトニックで解決。
なかなか出足快調。
明日は図書館で足りない資料を補充してこよう。

g3g5
多分プリントアウトした方が便利。
posted by horisawa at 15:41| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

二刀流。

iMacG5で楽譜を、
iMacG3でテキストを同時進行で編集。
このスタイルが定着しつつある今日この頃。
GMセレクション完了したところで力つきました。

g5g3
G5のワープロ機能、圧倒的にいいんだけどねぇ。

posted by horisawa at 12:17| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

GM週間折り返し。

なが〜いギタマガ週間はまだまだ続く。
今月は、
毎月のお仕事「GMセレクション」に加え
とある特集記事を担当している。
特集とか奏法分析とかの依頼も
ぼちぼち頂いたりしているのだが
締め切り時期が完全にセレクションとかぶるため、
時間的にお断りする事も多く、
タイミング良く引き受けられるのは
年イチくらいになってしまったりもする。
今回は、
年末進行で狂ったペースが幸いし
時間的に可能なタイミング。
依頼も早かったし。
そして、
明らかに私向きな企画内容。
ここ数日は
完成目前だったセレクションを置いといて
特集記事の内容を詰める作業。
ようやくほぼ固まったところで
本日からセレクションを再開。
一回寝て
1,152字書いて
特集記事に没頭してみたい。

lip
無添加でくちびるを防御。
posted by horisawa at 07:19| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

黒鍵だらけ。

私が自らに課す最低限の目標として
初回のリハの2週間前には資料を送るようにしている。
ふと気がつけば
AIRCASTLEのリハがじわじわ近づいてまいりました。
来週末に向け
これからどんどん緊迫する事は目に見えている。
これは早めに手を打たないと
と言う訳で
一気に2曲書き上げました。
1曲は意表をついたギター・インスト。
そしてもう1曲はザッパの新ネタ。
毎回なにかしら発見のあるザッパだが
やはり今回も例外ではない。
ド頭で、
え〜っこんなキーやだなぁとビビらせておいて
なんだこの黒鍵は?
と、笑わせる。
ネコふんじゃったほどではないにしろ
いけるところまでいこうとしていたんでしょうか?
白鍵だけでFリディアン
みたいな。

違うか。

0211score
2曲で3枚。
老眼チームにやさしい縮小率。
コード・ネームのフォントも大きくしてみました。
posted by horisawa at 04:52| Comment(0) | AIRCASTLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

納品らしい納品。

ようやくギター・カラオケの納品完了。
まだやってたのか!?
と思うのも無理はない。
なんかズルズルここまで引っ張ってしまいました。
で、最終的な音源の納品は
なぜかかたくなにCDを郵送でというリクエスト。
AIFFで送信させて頂けると助かるんですが。
圧倒的に劣化少ないし。
そして休む暇なく
ギタマガの特集記事に着手。
その合間を縫ってAIRCASTLEの譜面を書かなくては。
新年開けて10日、
今年は結構働いてます。

0110
梱包完了。
物理的もしくは原始的な納品。
コンビニ行って来ま〜す。
posted by horisawa at 04:13| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

年末のアンコール。

キャプチキの小川逸史氏より
年末アンコールのDVDが届いた。
今回の出し物は
ユーミンのDANG DANGと
ロッド・スチュアートのI'm Sexy。
ロッド役の小嶺恒夫が金髪のヅラを忘れたため
イマイチ悪ふざけ感の薄い仕上がりとなった。
小嶺ボーカルものについては
森分の中で既に5年分くらいの構想があるらしい。
今年の年末もお楽しみに。

Encore1
アンコールその1。

Encore2
アンコールその2。

Encore3
いっちゃんと2ショット。

Encore4
オマケに3ショット。
posted by horisawa at 22:43| Comment(0) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

手書きのビブラート。

編集部より
ギタカラのリフに
できればビブラートをかけてほしい
とのリクエスト。
一応かかってるんですけど。
ギターのビブラートっていうのは
半音とか全音とか、
結構幅が広いため、
ささやかなMODULATIONでは
かかっているようには聴こえないらしい。
ピッチ・ベンドで色々試してみるが
ことごとくイマイチ。
原因究明のため本物を分析してみる。
音程はほぼ全音、
通常のハンド・ビブラートにつき上方向のみ。
スピードは1拍に3回で、
多少後ろに寄りかかり気味。
そんなビブラートを
マウスによるフリーハンドで手書き入力。
理論上似てる筈だが
カーブが違うらしく
期待したほどの効果は得られなかった。
明らかに弾いた方が早かったなぁ。

vib
なんか頭悪そう。
posted by horisawa at 00:15| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。