2008年12月30日

年末ライブ無事終了。

なんという平和な12月30日。
すっかりライブの余韻もおさまりました。
近々ホームページも更新の予定ではありますが
いつものようにセットリストだけ
先行公開しておきましょう。

01:Amazing Grace(JEFF BECK)
02:Big Block(JEFF BECK)
03:Touch And Go(EL&P)
04:1985
05:Aunt Susan
06:Big Bang
07:A Day In The Life(JEFF BECK)
08:A Time And A Place(EL&P)
09:Y.Y.Z.(RUSH)
10:Led Boots(JEFF BECK)

かなりリハでバタバタしてしまいましたが
なんとか全曲無事完奏。

そしてアンコールは
Head Song(Johnny,Louis&Char)
魅せられて(ジュディ・オング)
21世紀の精神異常者(King Crimson)
の3曲。
なんでやねん。

081230.jpg
堀スペ08の皆さん。
posted by horisawa at 21:57| Comment(4) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

身支度完了。

リハから中一日の狙い通り
本日は余裕で準備完了。
ま、物質的な方の。
明日は恐らく25年以上ぶりに
ベーシストのいないステージ。
期待と不安が6:4
もしくは7:3。
ん?逆じゃないよね?
最も未知なのが
明日のステージ上の音響。
スカっとするのか
ドカ〜ンと来るのか
なんとかいい感じで調和して頂きたい。
とりあえず客席だけはスカっとしないように
皆さん、よろしくお願いします。

081228.jpg
シルエレへGo!!!
posted by horisawa at 23:39| Comment(0) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

最終リハ終了。

堀スペのリハがつつがなく
しかも全て平日の昼間に行われるとは。
そして今回初めて足鍵盤登場。

081226a.jpg
使う曲は限られるようですが
安定感は飛躍的に向上。
初めて間近で見た足さばき。
白鍵黒鍵をheel and toe。
なるほど。
むしろ私のプリセット踏み間違いの方が懸念される。
ん〜、ひょっとすると
PAで化けるかも知れませんねぇ。
お楽しみに。

081226b.jpg
246に入ったあたりでD51に遭遇。
posted by horisawa at 23:10| Comment(0) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

長7度の不快感。

明日の最終リハに備え
X3のチェック。
なんか毎回アンプ替えちゃってますけど
ボグナー、レクチと来て
今回は主にジュビリー。
ジュビリーで全曲歪み足りるかなぁ〜。
で、保険のレクチ。
ハウりやすいし
できれば避けたいところ。
X3のエフェクトで
2番目に気に入ってるのがベンダー。
いわゆるワーミーもどき。
オーソドックスに
踏み込んで1オクターブ上がる+12にセット。
でもねぇ
運が悪いと半音上がりきらず
+11で止まってしまう事もしばしば。
が、しかし
本日ちょっとしたコツを発見。
めちゃめちゃ単純ながら
ちょっとゆっくり踏むと成功率が高い。
ま、100%じゃないんですけど。
コレってボスのペダルだからかな?
純正のペダル買えば
全て解決しちゃうのかな?
ん〜、だとしたら
7,000円くらい惜しくないかも。

081225.jpg
若干色的にもイマイチ。
posted by horisawa at 23:00| Comment(0) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

まるごとプッチーニ。

昨日の朝昼晩と
3回に分けて大々的に放送されていたプッチーニ特番。
ちょっと前にオペラオペラと言っていた私ではありますが
それに気付いたのは午後。
まさか「トゥーランドット」をみすみす見逃すとは。
あわてて「蝶々夫人」から録画予約。
で、録画開始から間もなく追いかけ再生。
ん?
なにコレ?
新喜劇?
なにやら和風の斬新な演出。
私の求めていたものとは大きくかけ離れていた。
再生停止。
そして録画も中止。
あらためて夜の部を録画予約。
先ほどちょっとチェックしてみようとしたところ
「ジャンニ・スキッキ」丸ごと見ちゃいました。
結構イケます。
2、3回盛り上がりました。
「ポエーム」も録画済み。
ん〜、やっぱりトゥーランドットも見たかった。

081224.jpg
こんな格好で歌は原語。
posted by horisawa at 16:16| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

国産野菜を使っています。

出会い頭に
ちょっと笑ってしまいました。
はちみつカレー揚げせんって、、、。
見た目の印象では
カレー味の歌舞伎揚げ。
食べてみると概ね予想通り。
はちみつのせいか
全体的にマイルド。
と言うより低刺激。
ちょいちょいつまんでいたら
残り2枚になっちゃいました。

081223.jpg
ディズニーとカレー揚げせんのミスマッチ。
posted by horisawa at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

冬は全体的に消極的。

来日しないかなぁ〜と
結構長い間待ってましたのサラ・ブライトマン。
UDOより
来日のお知らせを12月1日に受信。
1万5千円?
オーケストラ連れてくるの?
12/9〜12/19までが先行予約期間。
9日に予約するか
と思ったところで気になる記述発見。
「インターネット先行予約と一般予約の違いについて」
コレを読む限り
ここで予約するより
一般予約の方がいい席取れそうな気配。
どっちにしろ
そんなに焦る事もないか。
と油断していたら
既に見切れ席しか残っていない状況。
う〜ん、追加公演でも出ない限り
今回は見送りだな。

081222.jpg
じわじわと後悔。
posted by horisawa at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

感電の恐れあり。

最近調子が悪い自宅用アンプ。
なんかゲインが安定しない感じ。
恐らくコレは真空管に問題があるような。
私の経験では
真空管を抜いて入れ直すと解決する筈。
ワウ・ペダルとか調子悪いと
開けて電池抜いて差して閉めると直ってたりするよね?
そうでもない?
ま、特に根拠はありません。
気持ちに余裕はないものの
ず〜っとこの状態っていうのも不愉快なので
思い切って解体開始。
ん〜、もうちょっと簡単に替えられるようにしてくれればいいのに。
とりあえず裏面のネジ外しました。

081221a.jpg
この時点で既に筋肉痛の予感。
しかし、びくともしない。
まだなにかを外さなければいけないのか?
単に力が足りないのか?
ここで撤退か?
もう壊れたら壊れたでいいもんね
と、マイナス・ドライバーでグイグイこじ開けてみる。
ようやくキャビネットの裏面オープン。

081221c.jpg
まだ真空管まではたどり着けません。
側面のネジも外して解体完了。

081221d.jpg
直してるのか壊してるのか。

081221e.jpg
物凄く取り外しにくい位置に真空管発見。
そしてガチガチに固まってます。
気休めにちょっと左右に力を加えてみる。
なんだかなぁ。
とりあえずこの状態でコンセントを差してパワー・オン。
あ、直ってるかも。
直ってなくても
これ以上どうしようもないので復旧作業開始。
最後のネジを締めたところでこんなモノ発見。

081221b.jpg
真空管替えるなら修理に出せってこと?
posted by horisawa at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

大誤算。

年内の締め切りは片付いたものの
仕事が全て片付いているわけではありません。
目先の仕事がなくなった時は
例の大仕事を再開。
おぼろげに来年2月リリースを目指す気配ではあったが
編集部と私の忙しい時期がズレまくり
3週間のロスタイムが生じたため
それはそれなりにスライドしていくものと思われた。
が、しかし、
どうやらかなり具体的に2月発売が予定されていたらしく
それを実現させるためには
2月までず〜っと忙しいことが判明。
ん〜、昨日も今日も
実は忙しかったのか。
若干、相談の余地を残しつつ
年末年始もそうそう遊んでいられない見込み。
ま、多少だらだらしますけど。

081219.jpg
ダンパーペダルのエディットで制作再開。

posted by horisawa at 20:48| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

ブログ開設の1年前。

年内の締め切り全て終了。
間もなく窮地に追い込まれるとも知らず
連休開けたら
などと呑気な事を言っていた日から約1ヶ月。
http://blogs.dion.ne.jp/horisawa/archives/7829072.html
平穏な日常の象徴
車でランチに行ってきました。
スパイシー・ドレッシングという名の
未知なる液体をサラダへ。
ん?これってコブ?

081218a.jpg
そして、
とりたてて興味を引くランチ・メニューがない時のマルゲリータ。
安定感がありますねぇ。

081218b.jpg
そんな余裕の私は
昨日の宣言通り
旧ホームページをチェック。
簡単に発見しました。
映画のサントラに対する失礼な姿勢は
この頃から変わっていないようだ。

050701.jpg
2005年7月1日の更新。
posted by horisawa at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

完成度60%。

昨日は2回目のリハに行ってきました。
前回と同じスタジオ、同じ機材だったのだが
音が見違えるほど分厚くなっていた。
単にボリュームがデカかっただけのような気もしつつ
バンドとしてのまとまりが出てきた事にしておこう。
今回の選曲の目玉は
ふる〜いオリジナル3連発。
そのうち1曲は年末の常連ですが
こっちは数年ぶり
あっちは十数年、もしくは数十年ぶり。
なんか最近
こういう桁違いに久しぶりな出来事が目立ちます。
その最も久しぶりなヤツは
最終的に15分くらいの大作になった曲の一部で
第二楽章的なところ。
で、昨日になって
その第一楽章的な一節を
ギターでつま弾いてイントロにしようと思いつく。
こんなんだったっけ?
と記憶を辿りつつ
たどたどしく弾いていると
真澄ちゃんより
「それ、パイレーツ・オブ・カリビアンですか?」
とお問い合わせ。
おぉ、やっぱり似てるのか。
確かコレは1983年から85年あたりの作曲。
よって、パクってません。
そう言えばこの話、
昔、書いたなぁ
と、ブログ内を検索。
ない。
と言う事は旧ホームページかな?
明日にでも探してみます。

081217.jpg
吉祥寺通りの信号待ち。
posted by horisawa at 18:31| Comment(3) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

レッド・ブーツの小節線。

お、ジェフ・ベック。

gm0901.jpg
そんなタイミングで
今月号はLed Bootsの採譜を担当。
同じ曲の採譜としては
過去最多の3回目。
ん?最多タイかな?
この曲を初めて聴いたのは
中学生だったでしょうか。
その当時から私には
Ex-1のように聴こえていたのだが
世間的には必ずしもそうではないらしい。
どうやらEx-2の解釈が圧倒的に主流。
確かにEx-1の符割りを成立させるには
前後にわざわざ5/4拍子と3/4拍子を入れなくてはならず
7/8拍子まではそのまま変拍子無しで通せるEx-2の方が
自然と言えば自然。
しかしEx-2では、
スネアの位置が1拍3拍に集中し、
演歌もしくは音頭の手拍子風アクセントになってしまう。
サイモン・フィリップスがEx-2の解釈で叩くARMSバージョンは
びっくりするほど緊張感がない。
そして私の目に映るベックはとても弾きにくそう。
リハ用の譜面を起こした人が
ちゃちゃっとEx-2で書いてしまったため
おかしなことになったのではないかと推測。
もともと譜面なんか見ないベックにとっては
どっちでも良かったに違いない。
一方、力強い味方がPINK CLOUDの「ALL MY LOVE」。
レッド・ブーツに影響を受けたと思われるこのリフ(Ex-3)から
やっぱりチャーもEx-1派かと勝手に納得。

lbex.jpg
そうこうしているうちに
ベックのライブ・アルバム3連発。
私としてはテリー・ボジオがコレをどう叩くのか
非常に興味深いところなのだが
テリーのレッド・ブーツって存在しないのかな?
で、『ライヴ・ベック'06』には
ヴィニー・カリウタのレッド・ブーツ収録。
前半は明らかにEx-1の解釈。
さすがはザッパ・ファミリー、
わかっていらっしゃる
と、ほくそ笑んでいたのだが
後半は一転してEx-2のリズムへ。
どっち?
そこへ衝撃の『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラブ』。
これはもう真っ向からのEx-2。
あいたたた。
どうした?ヴィニー!?
ひょっとしてタルちゃんに
「そのパターンわかんな〜い」とゴネられたのか?
更にリサーチを続けた結果
決定的な物証をキャッチ。
作曲者であるマックス・ミドルトンが
自身のバンド、ハミング・バードにて
セルフ・カバーしているのだが
まったくもってオリジナル・バージョンの面影はなく
どちらかと言うと
スティーヴィー・ワンダーが歌いそうな
モータウン系の仕上がり。

diamond_nights.jpg
こちらで試聴できます。
http://www.amazon.co.jp/ダイアモンドの夜-紙ジャケット仕様-ハミングバード/dp/B000O78Y7A/
本人はこうしたかったのに
ヤン・ハマーとナラダ・マイケル・ウォルデンが
よってたかってあんな事にしてしまったようだ。
と言うわけで正解はEx-2。
いよいよ観念した私は今回、
コレまでの信念を曲げ
若干小馬鹿にしていたEx-2の解釈で採譜。
そんな作業を経て
どっちともとれる体になってしまった私は
7/8に移る直前で
3拍か4拍か!?
と、一瞬迷う事もしばしば。
おそらくはEx-1のまま
年末のシルエレで
高らかに演奏する予定。
お見逃しなく。

wired
WIRED/JEFF BECK
遠慮してリズム譜にしておきました。
posted by horisawa at 12:24| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

いよいよ欠席の見込み。

OUT TRIO、ソロ、先日のセッションと
来日のたびに通っていたテリー・ボジオ。
ま、またしても来日の情報をキャッチ。
来るねぇ、しかし。
さすがにこれはパスすると思いますが
テリー・ボジオと
そうる透が顔を合わせるかと思うとわくわくします。
前日の手数王親子競演も面白そう。
でもねぇ、有明は遠いよねぇ。
冬だし。

081215.jpg
http://www.rittor-music.co.jp/dmf/
DIFFER有明って、もとMZA有明?
posted by horisawa at 16:18| Comment(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

クラシカ・ジャパン。

一夜明けても
オペラへの興味は持続していた。
入門編といたしましては
CDよりも
字幕付きのDVDが望ましい。
あんまりレンタル・ビデオ屋にオペラってないよね?
とりあえずなにか1枚買ってみるか
とアマゾンを物色。
でもねぇ、
5分見て飽きるかもしれないしねぇ。
そこで思い出したのがクラシックの有料チャンネル。
1ヶ月2,100円か。
悪くないですねぇ。
と、さっそく電話。
WOWOWの一件で学習した私は
なんだかんだと聞かれる前に
こっちの聞きたい事を聞いてみる。
http://blogs.dion.ne.jp/horisawa/archives/7719275.html
どうやら
今日から視聴を開始しても
丸々1ヶ月分の料金が発生するらしい。
1ヶ月も見れば気が済みそうな私としては
ひとまず見送っておきました。
来月の番組ガイド見てからにしよう。

081214.jpg
今日のところはこれで我慢。
posted by horisawa at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

マルチ・ランゲージ・バージョン。

旧作100円に誘われて
『ノートルダムの鐘』借りちゃいました。
ま、正確に言うと
借りたのは先週で見たのが昨日。
そもそものキッカケはこういうこと。
http://blogs.dion.ne.jp/horisawa/archives/7729842.html
http://blogs.dion.ne.jp/horisawa/archives/7739466.html
その後、WOWOWで吹き替え版は1回見たんですけど
歌も吹き替えってのはいかがなもんでしょう?
かなり吹き替えの方々も健闘されていましたが、
5.1なのにオケがモノラルってどういうこと?
と言うわけで
待望の字幕版。
やはり冒頭の6分は圧巻。
ここだけでも映画館で見てみたい。
で、うっかり見ないで返すところだった特典映像。
その冒頭6分間を色んな国の吹き替えでつなぐ
マルチ・ランゲージ・バージョンが面白い。
うまいことつながるなぁと感心しつつ
韓国語と中国語には強い違和感。
まぁしょうがないか。
コレのオケがステレオにできるなら
日本語吹き替え版もなんとかして頂きたい。

081213a.jpg
若干オペラに興味出てきました。
posted by horisawa at 07:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

森分の悪ふざけ。

最近なにかとイレギュラーな感じのギタマガですが
今月は毎年恒例年末進行。
結構な前倒しのため
いつものページじゃなくて
私向きの仕事1本にして頂いたのだが
その1本が小1時間で終わりそうなボリューム。
おかげで堀スペ初回リハの準備がギリギリ・セーフ。
最終的には2.5倍に膨れたものの
あっという間に終わっちゃいました。
と言うわけで
先送りしていた年末セッションの曲をチェック。
今年は珍しく
私も1曲リクエスト。
ん〜、ソロ完コピしちゃおうかな。
そして毎度お馴染み森分の悪ふざけも健在。
去年あたりから
この悪ふざけが私に丸投げされる傾向。
今回は心強い味方がいるので
半分投げちゃおうかなっと。

oira.jpg
お楽しみに。
posted by horisawa at 08:32| Comment(0) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

NORMAL。

おとといの話で恐縮ですが
初回のリハに行ってきました。
なにしろ初めての試みなので
リハーサルというよりも
楽器を持ったミーティングに近い。
なんとか4時間で
ギリギリ全曲カタチになりました。
来週あたりから
加速度的に盛り上がる見込み。
この編成ならではの選曲にも期待して頂きたい。
で、そろそろ慣れても良さそうなX3。
今回で3回目のライブだが
漠然とケースを置いて開けてみると
天地も前後も逆の事が多い。
と言うわけで
目印のステッカー貼ってみました。

081211a.jpg
ロン・サールの『ノーマル』ステッカー。

081211b.jpg
言葉も色もなかなかいい感じ。

posted by horisawa at 09:15| Comment(0) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

まもなく出発。

どんよりしてますねぇ。
早くもこちらでは
降ったり止んだりの空模様。
ギター以外のモノを
昨日積み込んでおいて良かった。
とりあえず
あと1時間くらい
降るの我慢して頂きたい。
今日のスタジオは
駐車場から濡れずに入れる見込み。
と言うわけで
初回のリハーサルに行ってきます。

081209a.jpg
朝7時。

081209b.jpg
正午。
posted by horisawa at 12:16| Comment(0) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

LIVE AT CASTLE DONINGTON。

どうせなら来日前に買っておけばいいようなもんですが
日本盤は廃盤っぽいし
そのうち入手できなくなるような気がして
ウリのDVD買っちゃいました。
例によって忘れた頃に
しかも最も必要としない時期に到着。
http://blogs.dion.ne.jp/horisawa/archives/7868369.html
と言うわけで
ようやくAIRMAIL開封。
ん?
なんか分厚い。
開けてみると3枚組。

ulidvdcd.jpg
このお値段で3枚はラッキ〜
と思ったら2枚はCD。
ま、それでも充分お買い得。
若干DVD未収録曲も入っているみたい。
で、DVDちょっと見ました。
ギターの音は
デカければいいってもんじゃない。
ま、小さ過ぎるよりいいけど。
そして時折挟まれる家庭用カメラらしき映像。
もう一息頑張って頂きたかった。
HISTORIC PERFORMANCESよりはお金かかってます。
と、そこへなかなかタイムリーな仕事のオファー。
さっそく役に立っちゃうかも。

ulidvd.jpg
LIVE AT CASTLE DONINGTON / Uli jon Roth
posted by horisawa at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

うたぼん。

来週のリハに備え
久々にアンプをオン。
の前に爪切らないと。
毎年の事ですが
堀スペは初モノ率が高い。
お馴染みの曲でも1年ぶり。
とりあえずどんな状況かチェック。
う〜ん、課題はボーカルだな。
譜面と歌詞の
どっちか覚えないと両方ガタガタ。
前日もこんな調子なら
コード・ネーム入りのカンペー作らなきゃ。

081206.jpg
もうちょっと右下が見たい。
posted by horisawa at 20:04| Comment(0) | THE 堀沢スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。